EU フィルムデーズ 2022 開催 28-05-2022 から 31-08-2022

本年も欧州連合 (EU) 加盟国の在日大使館・文化機関が提供する作品を一挙にご紹介する映画祭「EUフィルムデーズ2022」が開催されます。
ベルギー・フランス語圏からの作品『イカした人生(原題: Une vie démente)』を含む27のEU全加盟国の作品が紹介されます。参加作品は、EUが重視する文化的多様性と社会的包摂を主題としたものが中心になっています。
『イカした人生』は、アン・シロ監督とラファエル・バルボニ監督の長編デビュー作。認知症や心の闇に直面し、なんとか乗り越えようともがく家族の光と影が交錯する、ほろ苦くも愛おしい物語です。

『イカした人生』は以下の日時および場所で計4回にわたり上映されます。

【東京】
日時:
2022年6月10日(金) 18時30分上映開始
2022年6月21日(火) 15時00分上映開始
会場: 国立映画アーカイブ(東京都中央区)
料金: 一般 520円 高校生・大学生・65歳以上 310円 小中学生 100円
障碍者無料
定員: 310名

【京都】
日時:
2022年6月24日(金) 13時30分上映開始
2022年6月25日(土) 10時30分上映開始
会場: 京都府京都文化博物館(京都市)
料金: 一般 500円 大学生400円 高校生以下・障碍者 無料
定員: 156名

今後の新型コロナウイルス感染状況により、予定が変更になる場合があります。主催者ウェブサイト等でご確認ください。

また、本年は会場での上映とあわせて開催されるオンライン配信にも、オンライン限定作品『海に向かうローラ(原題: Lola vers la mer)』で参加します。
『海に向かうローラ』は、『Even Lovers Get the Blues』で2016年ナミュール国際映画祭批評家賞を受賞したローレント・ミケーリ監督による作品。18歳のトランスジェンダーの主人公が、母の死をきっかけに性のあり方をめぐって父と向き合う姿を描きます。
『海に向かうローラ』は以下の期間および媒体でご視聴いただけます。

期間: 2022年7月8日(金)から7月31日(日)まで
媒体: Festival Scope (視聴には登録が必要です)
料金: 無料
定員: 各作品先着400名

オンライン配信の視聴方法等、詳細はこちら
http://www.eufilmdays.jp

Contact: 
ベルギー王国フランス語共同体政府 国際交流振興庁 (WBI)
Adresse: 
東京都千代田区二番町5-4